出演依頼、ライブの感想、質問等ありましたら お気軽にお問い合わせください。

アルバム「Ramblin'」に関する情報はこちらです。
2ndアルバム「DUSK FALLS」に関する情報はこちらです。

2016年12月31日

5日目

先日自分へのクリスマスプレゼントを買った。

ジャズベである。

IMG_0117.jpg

オークションで4600円、送料は1800円。
フェルナンデスというイマイチ人気のない国内ブランドの初心者向き中国製ではあるが、最初の一本としてはいいのではないか。

人によっては最初から良いのを買えという人もいるが、私はそうは思わない。
それなりにいい楽器を買うなら楽器屋で試奏して選ぶべきだし、その時にある程度弾けないと選べない。その基準を学ぶための一本目と思っている。(意外と慎重派なのである)

ギターと似ているから簡単だと思う人もいるかもしれない。しかしそれは大間違いだ。たしかにフレット上の音程はギターと一緒だから理論的には理解できる。しかし楽器というものは体で覚えるものなので、長年ギターをやってきた者にとってはあの幅の広いフレットは指の開き具合が全く違うため感が狂う。ギターなら目をつむってでも弾けるんだが・・・

そして右手も問題だ。私は指弾きなのだが、あの手首を外にひねるような独特のフォームはかなりしんどい。野球で言うシュートボール投げる感じだ。(投げたことはないが)

じゃぁなんでそこまでしてベースを弾くんだということになるが、それはただ単純にカッコいいし好きだからといしか言えない。

買ってから5日が経った。正直楽しくて仕方がない。この感覚は高校生の時に初めてギターを手にした時と似ている。

そして5日目にして初心者は脱したようにも思う。セッションでもそれなりに弾けたし、あとはひたすらベースという楽器のサイズ感を体に叩き込むだけだ。それには少々時間がかかる。しかしそれが出来た暁にはいよいよ次の一本を買おうと思う。

ベースをやるにあたって実はもう一つ大きな理由がある。

ライブでもセッションでもたまにファンクやソウルの曲をやることがある。しかし残念ながらベースがいまいちなことが多い。しかしそれは当然なことで、ジャズ屋はジャズが得意なのであって他のジャンルでは借りてきた猫のようにおとなしくなってしまうのだ。でもこちらとしてはファンクやソウルってベースが一番かっこいいジャンルなんだからもっとグイグイやって欲しいと思うのである。それなら俺がオイシイとこもらっちゃおうというわけだ。ついでにジャズのラインも覚えちゃえばそこそこどこでもやれると思う。

そんなわけで来年はベースを弾きます。
ギターは・・・・気が向いたらということで。


では良いお年を。




posted by tet at 15:51| Comment(2) | 音楽の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする