出演依頼、ライブの感想、質問等ありましたら お気軽にお問い合わせください。

アルバム「Ramblin'」に関する情報はこちらです。
2ndアルバム「DUSK FALLS」に関する情報はこちらです。

2018年06月26日

困った駒

楽器というのはどれもそうなのだろうが、ちょっとしたパーツの交換で音が変わる。大きく変わる場合もあるし、何となく変わったかもというくらいの時もある。

最近の私のお気に入りギターは中国製のとってもチープなダンエレクトロなのだが、先日のピックアップ交換から音がとても良くなったので、ますます連れ出すのが楽しみになった。音もさることながら、軽いのとスケールが少し短いせいで弾きやすいし、そして何よりも水色というふざけた色がいい。

そんなお気に入りのギターだが、一点気になるところがあった。駒である。

名称未設定.jpg

サドルとも言うのだが、これが金属製のため少し高音が出すぎるような気がする。ただ、ストラトやレスポールをはじめとした一般的なエレキギターはそのほとんどが金属製のサドル(とブリッジ)なので、なにもこのダンエレクトロだけが特別高音が出るわけではないと思う。

金属製のほうがメリットが多いのは理解できる。各弦独立して調整が可能だし、硬い素材のほうが音をボディに伝えやすくサステインも伸びるのだろう。

ただ私の場合、長らくフルアコやアコギを使ってきたせいで、もうちょっと落ち着いた(悪く言えば若干こもった)音が好みだということなのだろう。

実はダンエレクトロのギターというのは元々木製のサドルが載っていた。それが最近になって金属製のモデルが出てきたのである。なのでその木製パーツを購入すれば話は早いのだが、これが国内ではなかなか売ってない。あったとしてもブリッジとセットで結構な値段なのだ。

そんなわけで自作することを決意したものの、今度は木が売ってない。一般的にブリッジやサドルに使われるのはローズウッド(紫檀)やエボニー(黒檀)といったとても硬い木なのだが、これが近所のホームセンターには全く無いのだ。

知り合いが東急ハンズにあるかもというので早速電話で聞いてみたら本当にあった。恐るべしハンズ。

IMG_0854.jpg

50✕200✕5(ミリ)で324円。係員のおじさんが内緒で無料でカットまでしてくれた。ありがとう。

んで、こいつをこんなふうに削っていきたいのだが。

IMG_0855.jpg

今年一番の暑さの中、軒先で汗だくになり黙々とヤスリをかける。

IMG_0857.jpg

一応オクターブ調整も合うように勘で段差をつけてみる。

そこそこ形になった。面倒くさいので240番のペーパーまでかけて終わりにした。

IMG_0858.jpg

そしてこいつを金属サドルを取ったブリッジの上に載せる。ただ載せるだけである。

FullSizeR.jpg

なんだかとても感動の瞬間である。



で、音はどうなのさ?



少し変わったかも・・・・というくらか。

しかしそれでもいいのだ。自己満足でいいじゃない。
段々と自分専用の道具になっていく感じが楽しいのだ。

IMG_0862.jpg




posted by tet at 00:30| Comment(2) | 音楽の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする